行政や企業主導ではなく市民が自主的に集まって「新たな公共」を実現するため、ICTによる地域情報化に関する活動(事業)を行うことにより、地域の身近な課題のために(「for」)、ICT技術(コンピュータプログラムである「Code」)を使って、京都府山城地域の活性化を図ることを目的としています。